エイプリルブルー、EP『いつかの海』をリリース

For Tracy Hydeの中心である管梓を筆頭に東京のインディーシーンで活躍するメンバーが集まり2019年に始動したニューJ-POPバンド、エイプリルブルーが2年ぶりの新作『いつかの海』をリリース。

約2年ぶりの新作『いつかの海』はVo.船底春希が書いた1曲ごとの風景や心情の動きを、Gt.管梓が音で表現していく形式で制作。Ba.村岡佑樹のふくよかなベースとDr.宮澤純一郎のシュアかつ抑揚の効いたビートが土台を支え、その上で管とGt.ムラカミカイの幾重にも折り重なるギラギラしたギターが花開くバンド・アンサンブルは、前作以上の深みとダイナミズムを見せた迫力のあるサウンドを作り出し、エモーショナルで身体の中にスッと染み込んでくるメロディーと相性も抜群だ。

船底の歌唱と作詞もストーリーテラーとしての表現力を増し、バンドのアイデンティティがより強固に確立されたことを感じさせ、サウンドやヴォーカル、楽曲のどの面を切り取っても前作を超えたインディーファンとJ-POPファンを繋ぐ渾身の一枚に仕上がっている。


【作品情報】

エイプリルブルー『いつかの海』
発売日:2021年11月17日
フォーマット:CD / デジタル
レーベル: Pヴァイン・レコード / エイプリルブルー
収録曲:
1. いつかの海
2. トランスファー
3. サマータイム
4. 臨海鉄道
5. シーサイド
6. マリタイム

エイプリルブルー OFFICIAL WEBSITE
エイプリルブルー (@aprilblueband) / Twitter
エイプリルブルー (@aprilblueband) / Instagram

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
トップへ
目次
閉じる