AYA GLOOMY『TOKYO HAKAI』

東京から世界のアイコンへ。Aya Gloomy(アヤグルーミー)が、約3年ぶりの2ndフルアルバム『TOKYO HAKAI(トウキョウハカイ)』をリリース。

東京都出身。16歳から独学で音楽制作を始め、以来作詞作曲、アートワーク、独特なファッションまで全てをAya自身でプロデュースしている。その評価は日本国内に留まらず、Apple Music(アップル ミュージック)のラジオパーソナリティーであるMatt Wilkinson(マット・ウィルキンソン)のラジオ番組で楽曲をプレイされたり、Yves Tumor(イヴ・トゥモア)、Mykki Blanco(ミッキー・ブランコ)、Silent Servant(サイレント・サーバント)、Nothings(ナッシングス)など多くの海外アーティストの来日公演で共演を果たしている。また2017年にはLAのAce Hotelでライブを行い、2018年には金沢の21世紀美術館での単独公演を、2019年には香港での単独公演を成功させている。

2017年原宿〈BIG LOVE Records(ビッグ・ラブ・レコーズ)〉からファーストEP『Ennui Ground』を、翌年2018年には「Gorila vs Bear」などの海外ブログからも評価を受け、USA iTunes(アイチューンズ)エレクトロニック・トップ・プレイリスト、英I-D誌紙面、トップ・プレイリストにも紹介された自身初のフルアルバム『陸の孤島』を共に12inchレコードでリリース。2019年には自主製作したEP『KANJIRU』をリリース。2020年12月に今作のアルバムにも含まれる「Micro Creature」をリリース。彼女の活動は、音楽活動のみならずモデル活動、Aya自身がセレクトした古着を販売しているpompom shopを運営するなどマルチな才能を発揮している。

AYA GLOOMY『TOKYO HAKAI』収録曲
01. 二〇二〇
02. Work World
03. Kodou
04. Saisei(楽)
05. THE FIGHT
06. Start Again
07. DenEn
08. tick tick
09. Micro Creature
10. Turn Off
11. TSUNAMI

AYA GLOOMY | 公式サイト
AYA GLOOMY | YouTube
AYA GLOOMY | Twitter
AYA GLOOMY | Instagram

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる