BIM『Boston Bag』

ラッパー/ビートメイカー BIM(ビム)が、2ndアルバム『Boston Bag』をリリースした。

目次

BIM

BIM(ビム)とは、1993年生まれ、東京と神奈川の間出身。THE OTOGIBANASHI’S(ジ・オトギバナシズ)、〈CreativeDrugStore(クリエイティブドラッグストア)〉の中心人物として活動するラッパー/ビートメイカー。2017年より本格的にソロ活動をスタートさせた。

Boston Bag

2020年2月にリリースしたミニアルバム『NOT BUSY』がまだ記憶に新しいBIM(ビム)が2ndアルバム『Boston Bag』を完成させた。

1stアルバム『The Beam』から約2年。様々なアーティストとの共演や、全国各地でのライブなど一歩一歩成長し、経験を積んできた。

しかし、満を持して迎えた全国ワンマンツアー〈NOT BUSY 2020〉は2度の延期を余儀なくされてしまう。それでも下を向かずに、むしろプラスにするべく制作された『Boston Bag』。『NOT BUSY』は全曲Rascalプロデュースの作品であったが、今回は多彩なプロデューサー陣、客演陣を迎えている。

参加プロデューサー:Rascal, STUTS(スタッツ), G.RINA(ジーリナ), Astronote, 熊井吾郎, Cwondo(コンドウ), No Buses(ノーバシーズ)

客演アーティスト:kZm(カズマ), KANDYTOWN(キャンディータウン)KEIJU(ケイジュ), cero(セロ)高城晶平, Cwondo, No Buses

シングル楽曲が集結したようなこの2ndアルバムは、BIM自身の音楽に対する気持ちの変化も確実に反映されている。「きついこともあるけど、今は制作が楽しくて仕方がない」

Amazon

収録曲

01. Get Gas (Hey You Guys)
02. Veranda
03. 三日坊主
04. One Love feat. kZm
05. Jealous feat. KEIJU
06. Cushion
07. 想定内
08. Tokyo Motion feat. 高城晶平
09. Good Days feat. Cwondo
10. Time Limit
11. Non Fiction feat. No Buses

リンク

BIM | SUMMIT

BIM(@bim_OTG) | Twitter
BIM(@bim_otg) | Instagram

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる