ミュージック

cheapWord 『gandhi』

空音(そらね)の1st EP『Mr.mind』の表題曲へのプロデューサーとしてその名を一気に全国へと拡げた奄美大島在住のビートメイカー cheapWord(チープワード)が、自身も敬愛する同郷のビートメイカー OWL BEATS(オウルビーツ)率いるレーベル〈HIGH FULL.NET〉より待望の1stアルバム『gandhi(ガンディー)』をリリースしました。

cheapWordは、九州最南に位置する楽園とも呼び名が高い奄美大島を拠点に活動しているビートメイカーです。アルバムタイトル『gandhi』は、海の男であった偉大な祖父の通称から名付けたタイトル。近年進化的に鳴り続けているいわゆるLOFIなBEATを軸に縦横無尽、奇々怪々に展開していくビートは、聴く人の耳に小気味良く伝わっていきます。

ゲストには、showmore(ショウモア)やLIBRO(リブロ)ともコラボするラッパー 田中光(たなか ひかる)をはじめ、FREEZ(フリーズ)とのユニット”HAMBURGER BROTHERS(ハンバーガーブラザーズ)”としても活動するFROM天神親不孝のラッパー WAPPER(ワッパー)、空音の2ndアルバム『19FACT』への参加でも話題のラッパー NeVGrN(ネヴィグリーン)、隣島徳之島からgoodtenqushとcheapWordのユニット ALDripsを迎え作品を彩る仕上がりとなっています。また、BEAT REMIXでlee(asano+ryuhei){リー(アサノ・プラス・リュウヘイ)}、OWL BEATSの二人も参加し、各都市で存在し鳴らし続ける表現者達との共作、全19曲という音物語に散りばめられています。

cheapWordとは

cheapWord(チープワード)は、奄美大島出身、1996年生まれのビートメイカー。普段は染色家として奄美大島伝統の泥染めやその他の染色の仕事をしながら作曲活動を行なっている。ラッパーとしてアーティストとしてのキャリアをスタートさせ、2018年頃よりSoundCloud(サウンドクラウド)へビートを公開しはじめる。2019年にリリースされた空音の『Mr.mind』へのプロデュースワークで一気に全国区へその名を押上げ、現在も奄美大島から世界へ向け音を放ち続けている。2021年2月に待望の1stアルバム『gandhi』をリリース。

あわせて読みたい

lee (asano+ryuhei)『none』独自のビートメイクや、Arμ-2(アルツー)とのコラボレーション作品、アメリカの音楽メディア『Pitchfork(ピッチフォーク)』にも取り上げられ話題を集めるlee (asano + ryuhei)によるアルバム『none』が遂に〈OILWORKS(オイルワークス)〉から登場♪...

関連商品

リンク

cheapWord | Twitter
cheapWord | Instagram
cheapWord | SoundCloud