Fugenn & The White Elephants、アルバム『Re:Earth』をリリース

  • URLをコピーしました!

Fugenn & The White Elephants(フゲン・アンド・ザ・ホワイト・エレファンツ)、2019年12月リリースの『Layer Of Soul』より2年4ヶ月、Fugenn & Tooson(フゲン・アンド・トーソン)としての5枚のアルバムを挟み、生きる力強さを与えてくれるような珠玉の新作8thアルバム『Re:Earth(リ・アース)』をリリース。

2011年の1st『an4rm』で彗星の如く現れ、2012年にエレクトロニカ~エレクトロニックサウンド史に燦然と輝く名盤中の名盤である2nd『Prays』を発表、2013年の4thアルバム『B A BEACON』でFugenn & The White Elephantsの名を確固たるものとしたShuji Saitoによるソロプロジェクト Fugenn & The White Elephants。2018年にリリースされた6thアルバム『Elevated Petal』及び2019年の7thアルバム『Layer Of Soul』経て創出された本作は、Fugenn特有の他の追随を許さない変幻自在かつ独自のビート、艶やかで叙情性溢れるサウンドのみならず、その世界観を押し拡げるがごとくあらゆるものを内包、あらゆる者を異次元に導くかのように創造的かつ神秘的な表現が展開される。

アルバムの序章を奏でる妖艶な女性ボーカルが魅力の「Md」、疾走する4フロア・ビートがダンスフロアーに煌めくM2「Climate」、ボーカルと共にアンセムがごとく響き渡るサウンドが中毒性を誘うM3「West Sun」M6「East Side」、20年を越えるキャリアを持つボーカリスト Jessica(ジェシカ)をフィーチャーしたM4「The Will Of The Stars」はFugennらしい情感に満ちた楽曲と言える。美しい夕陽が世界を照らすかのようなサウンドトラック調のM9「Samantabhadra」、そして大阪を拠点に活動するユニット iLU(イル)のボーカル KUROをフィーチャーしたプロコルハルム「青い影」でエンディングを迎える。

15年を越し成熟したFugenn & The White Elephantsのサウンドは常に先を見据えつつ唯一無二の音世界に満ち溢れている。

インフォメーション

Fugenn & The White Elephants『Re:Earth』
発売日:2022年03月09日
フォーマット:CD / デジタル
レーベル:PROGRESSIVE FOrM

SoundCloud

トラックリスト

01. Md
02. Climate
03. West Sun
04. The Will Of The Stars feat. Jessica
05. Mid
06. East Side
07. Ku-Shi
08. After Range
09. Samantabhadra
10. A Whiter Shade Of Pale feat. KURO

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

こんな記事も読まれています

目次