ミュージック

『GUILTY GEAR -STRIVE- Ultimate Edition』アークシステムワークス

アークシステムワークスより、限定特典の『デジタルサウンドトラック』がプラスされた、「ギルティギア」シリーズ最新作『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』アルティメットエディションがリリースされた。

常に”最先端”を産み出し続ける対戦型格闘ゲーム「ギルティギア」シリーズが贈る最新タイトル『GUILTY GEAR -STRIVE-』。洗練されたシステム、極まるアニメーション映像、個性あふれる15キャラクターによる、手に汗握るぶつかり合いの連続を体感せよ!

アルティメットエディション限定特典として、『シーズンパス1』『デジタルアートワークス』に加えて、OPテーマ「Smell of the Game」をはじめとした本作に収録されているボーカル楽曲15曲以上のほか、ストーリーモードにて使用されているBGMを40曲以上、全55曲以上を収録した豪華『デジタルサウンドトラック』がプラスされる。クリエイター「石渡 太輔(いしわたり だいすけ)」による珠玉のロックサウンドをぜひ体感してほしい。

GUILTY GEAR -STRIVE-

【ストーリー】

脅威の元凶「慈悲無き啓示」を討ち倒したソル=バッドガイ。
再び手に入れた休息を楽しむ暇もなく、彼の元に驚愕のニュースが飛び込んで来た。

GEARを生み出し聖戦を引き起こし、人類史上最大最悪の大罪人と呼ばれる「あの男」こと「飛鳥=R=クロイツ」が米国政府に投降したのだ。

自分をGEARに改造した男。積年の復讐の相手であり、かつての親友でもある。
真意を推し量りながら、ソルは得物を手に立ち上がるのだった。

―――「あの男」との因縁に決着(ケリ)をつけるために。

『GUILTY GEAR -STRIVE-』公式サイト
『GUILTY GEAR -STRIVE-』公式Twitter

こちらもおすすめ