hikaru yamada and metal casting jazz ensemble、EP『moon』を配信リリース

  • URLをコピーしました!

hikaru yamada and the librarians(ヒカル・ヤマダ・アンド・ザ・ライブラリアンズ)やfeather shuttles forever(フェザー・シャトルズ・フォーエバー)といった自身のユニットで活動するアルトサックス奏者 / プロデューサーのhikaru yamada(ヒカル・ヤマダ)による新ユニット hikaru yamada and metal casting jazz ensemble(ヒカル・ヤマダ・アンド・メタル・キャスティング・ジャズ・アンサンブル)が、1st EP『moon』を配信リリース。

島根・出雲のレーベル〈Local Visions〉からのリリースとなる今作は、EPの最後に収録されているビートナンバー「moon (beat)」と、そのバリエーションの4曲から構成されている。1~4曲目は、yamadaが制作した「moon」のビートに合わせてプレイヤーがそれぞれ互いの演奏を聴かずに即興演奏を行い、その演奏をyamadaがエディット / リワークしたもの。この特殊な演奏や制作のプロセスを経ることによって、中心を欠いた独自のアンサンブルが生まれているという。

唯一のボーカル・ナンバーである「some people call feat. kyooo」では、SSWのkyooo(キョー)がボーカリストとしてフィーチャー。そのほか、宇多田ヒカル「Hymne à l’amour ~愛のアンセム~」(2017年)への参加でも知られるパーカッショニスト 井谷享志(いたに たかし)、山下洋輔(やました ようすけ)や中村佳穂(なかむら かほ)との共演経験があるドラマーの荒井康太(あらい こうた)ら、総勢12名ものジャズ・ミュージシャンたちが参加。また、カバー・アートワークはイラストレーター / アニメーターのyasuo-range(ヤスオレンジ)によるイラストを使用している。

リリース情報

hikaru yamada and metal casting jazz ensemble『moon』
配信日:2021年11月06日
フォーマット:デジタル
レーベル:Local Visions

Twitter

トラックリスト

1. some people call feat. kyooo
2. moon II (double time)
3. moon III (perc and noise)
4. moon IV (piano trio)
5. moon (beat)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

おすすめコンテンツ

目次
閉じる