ミュージック

Kei Matsumaru『Nothing Unspoken Under The Sun』

鬼才サックス奏者・松丸契(まつまる けい)が、究極に自由なピアノ・トリオ「BOYS(ボーイズ)」を迎え、カルテットで挑む意欲作『Nothing Unspoken Under The Sun』をリリース。

Kei Matsumaru

松丸契(まつまる けい)とは、東京を拠点とする、サックス奏者/コンポーザー。1995年生まれの若き音楽家。幼少期から高校卒業までをパプアニューギニアで育つという異色の経歴の持ち主。2014年に渡米しボストンのバークリー音楽大学に進学。Terri Lyne Carrington(テリ・リン・キャリントン/ドラムス)やJohn Patitucci(ジョン・パティトゥッチ/ベース)、Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ/サックス)らに師事し、同校を主席で卒業した。Kei Matsumaru Quartet, SMTK(エスエムティーケー)としても活動している。

Nothing Unspoken Under The Sun

鬼才サックス奏者・松丸契(まつまる けい)が、究極に自由なピアノ・トリオ「BOYS(ボーイズ)」を迎え、カルテットで挑む意欲作『Nothing Unspoken Under The Sun』をリリース。

強烈な個性を放つ若き鬼才が遂に現る、と話題をさらったデビュー作『THINKKAISM(シンカイズム)』から1年。2020年EPと1stアルバムをリリースした石若駿率いるSMTK(エスエムティーケー)など、数々の注目プロジェクトへの参加で更なる飛躍を果たしているサックス奏者・松丸契(まつまる けい)。最新作『Nothing Unspoken Under The Sun』は、王道のサックス・カルテット編成。バックに金澤英明(ベース)・石井彰(ピアノ)・石若駿(ドラムス/パーカッション)が10年以上活動をともにするピアノ・トリオ「BOYS(ボーイズ)」を迎え、作曲と即興の狭間に生み出される可能性を探求する、フリーにしてメロディアスな意欲作となっている。

『Nothing Unspoken Under The Sun』をAmazonで見る

収録曲

発売日:2020年12月09日
タイトル:Nothing Unspoken Under The Sun
レーベル:SOMETHIN’COOL

01. harim tok (for West Papua)
02. ignorance is bliss
03. 虫籠と少年
04. interlude | ˈkænsl̩?
05. it say, no sé
06. 霖雨
07. 夏は短い
08. interlude | kʲi̥ɕikã̠ɴ
09. 暮色の宴
10. when we meet again

ストリーミング

Spotify

Apple Music

Apple Musicで聴く

リンク

松丸契 Kei Matsumaru | Saxophonist・Improvisor・Composer | サックス奏者 | Official Website
I’d like to order SOMETHIN’COOL | SOMETHIN’COOL
Kei Matsumaru | YouTube
松丸契 Kei Matsumaru (@keimatsumaru) | Twitter
Kei Matsumaru 松丸契(@kmatsumaru) | Instagram

こちらもおすすめ