幾何学模様、アルバム『クモヨ島』をリリース

幾何学模様、アルバム『クモヨ島』をリリース
  • URLをコピーしました!

幾何学模様(Kikagaku Moyo)、活動休止前最後のアルバム『クモヨ島(Kumoyo Island)』をリリース。

まるで70年代からタイムスリップしてきたような風貌の5人組、幾何学模様。これまで10年に渡って海外を中心に活動し、クルアンビンやキング・ギザード&ザ・リザード・ウィザードといった現在のインディーシーンの先頭を走るアーティストたちとも親交が深く、世界各国でソールドアウト公演を連発、先日にはフジロック2022への出演も発表され話題となっている。

そんな彼らが前作『Masana Temples』からおよそ4年ぶりの新作『クモヨ島』を自身のレーベル〈Guruguru Brain〉からリリース。レコーディングは、彼らが活動初期に使っていた浅草橋のツバメスタジオにて行こなわれた。ロックダウンやパンデミックによるツアー活動停止の間の拠点としてアムステルダムを選んでいた彼らは、下町もしくは故郷の町の古い繁華街に帰ってきたことで、自由な感覚が再燃したのを感じたという。東京に滞在していたおよそ1ヶ月半の間、これまでストックしていたアイデアの断片を洗い出し、それらをスタジオで構築することにより本作を完成させたのだ。

まるで60年代のプログレッシヴロックのような壮大なオープニングから一転、「モ、ナ~カ、ナカナカノ」と語感の心地よさにフォーカスしたようなユニークな歌詞を耳元でささやく冒頭曲「Monaka」や、クルアンビンを彷彿とさせるワウギターが、コロコロ転がるリズムの上で軽やかに舞う「Dancing Blue」、ジェットコースターに乗って時空を駆け抜けていくような前半と、ビートルズの「Tomorrow Never Knows」を思わせるサイケデリックな後半、その落差が圧巻の「Cardboard Pile」や、擦り切れたテープを再生しているようなローファイチューン「Gomugomu」、ボーズ・オブ・カナダへ愛が炸裂したかのような「Daydream Soda」、変拍子とギターリフの絡みが麻薬的にループする「Field of Tiger Lilies」など、曲ごとに全く異なるアプローチをしていながらどの曲も幾何学模様としか言いようのない、強烈なオリジナリティを放っている。美しいアンビエントソング「Maison Silk Road」の余韻とともに、アルバムは幕を閉じる。

『クモヨ島』と名付けられた本作『Kumoyo Island』は、帰国の途に着く彼らが上空から垣間見た、雲越しの島国、日本の姿にインスパイアされて付けたのだろうか。真意のほどは直接本人たちに確かめる他ないが、世界中どこにいても「オルタナティヴ」であることを貫いてきた彼らにしか到達し得ない地平が、ここには広がっている。

幾何学模様『クモヨ島(Kumoyo Island)』
発売日:2022年05月25日(CD)
配信日:2022年05月06日(デジタル)
フォーマット:CD / デジタル
レーベル:BEAT RECORDS / GURUGURU BRAIN

[トラックリスト]
01. もなかのなか(Monaka)
02. 青の舞(Dancing Blue)
03. エッフェ(Effe)
04. ぼくの海(Meu Mar)
05. 段ボールの山(Cardboard Pile)
06. ゴムゴム(Gomugomu)
07. 白昼夢の蜃気楼(Daydream Soda)
08. 鬼百合畑(Field of Tiger Lilies)
09. やよい、ゐやおい(Yayoi, Iyayoi)
10. 昼寝のうた(Nap Song)
11. メゾン シルクロード(Maison Silk Road)

幾何学模様 | Official Website
幾何学模様 | Twitter
幾何学模様 | Instagram

幾何学模様、アルバム『クモヨ島』をリリース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次