V.A.『Soundtrack for Breakcore Guidebook』

ブレイクコア・レーベル〈Murder Channel(マーダーチャンネル)〉を運営する、梅ヶ谷雄太著『ブレイクコア・ガイドブック』のオフィシャル・サウンドトラック『Soundtrack for Breakcore Guidebook』がリリース。

目次

MURDER CHANNEL

MURDER CHANNEL(マーダーチャンネル)とは、 2004年に東京でスタートした、日本屈指のハードコア・プロダクション。

ブレイクコア・ガイドブック

テクノ・サブジャンルで最も
自由・過激・複雑
上巻ではパンク、ハードコア・テクノ、デスメタル
等の影響を受け、シーンの土台を築いた
反逆精神溢れるオリジネーター達

時に著作権を無視し、フリーダウンロードで売上を放棄。メタルやヒップホップ、
レゲエ、クラシック等あらゆるジャンルを飲み込み、掃除機の起動音をもサンプリング

アーメン・ラガ・ガバキック
下巻では2000年代黄金期から最新状況まで
Murder Channel完全解説
ブレイクコア全史!

同時に発売される上巻と合わせて世界の名だたる27アーティストのインタビュー
2巻合計約60万字、貴重なホームスタジオやライブ写真もオールカラーで掲載

『ブレイクコア・ガイドブック 上巻』をAmazonで見る

『ブレイクコア・ガイドブック 下巻』をAmazonで見る

Soundtrack for Breakcore Guidebook

ブレイクコア・レーベル〈Murder Channel(マーダーチャンネル)〉を運営する、梅ヶ谷雄太著『ブレイクコア・ガイドブック』のオフィシャル・サウンドトラック『Soundtrack for Breakcore Guidebook』がリリース。

2019年に「パブリブ」より上下巻で出版された『ブレイクコア・ガイドブック』のオフィシャル・サウンドトラックが完成!

『ブレイクコア・ガイドブック』にインタビューで参加したアーティストを中心に、2000年前半から2020年までに制作されていた未発表曲から書下ろしの新曲などを収録。多種多様なスタイルとバックグラウンドが反映されたフリーフォームで革新的なブレイクコアの真髄が体験出来る貴重な内容となっている。配信プラットフォームはBandcamp(バンドキャンプ)、価格はname your price(無料または投げ銭)。

収録曲

発売日:2020年12月18日
アーティスト:V.A.
タイトル:Soundtrack for Breakcore Guidebook
レーベル:MURDER CHANNEL

01. BEATZ4FREAKZ – Baseck
02. Chanja – Xanopticon
03. Last Of The Mohicans – Bong-Ra
04. Year of the Monkey (Dev/Null’s not-quite-finished remix 2007) – Duran Duran Duran
05. H=8 Crimes – Eustachian
06. Was just young high to be burned(2003) – OVe-NaXx
07. The Dreaming Tree – Ruby My Dear
08. Live Fast Jack O Lantern – Twenty Knives
09. Combustion Spontanée – Stazma The Junglechrist feat Camille Thouvenot
10. Rampant – Electromeca
11. War Feeds It Self – Aaron Spectre
12. Duo – DJ Skull Vomit
13. Ragga War – Gore Tech
14. Magnum Bwoy – FFF
15. Murdered Red Cow – Monster X

リンク

Soundtrack for Breakcore Guidebook | V.A. | MURDER CHANNEL
HANNEL(@Murder_Channel) | Twitter
Murder Channel(@murder_channel) | Instagram
Murder Channel | Facebook
MURDG-024 /// V.A. – Soundtrack for Breakcore Guidebook by MURDER CHANNEL | SoundCloud

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる